茶道裏千家淡交会青年支部とは

 学校茶道は、明治の初め文明開化の中で西欧文化が移入され、第11代家元玄々斎宗匠は日本の伝統や文化が否定される風潮を憂い、当時限られた人たちの嗜みであった茶道を教育に役立てようと、女学校にその門戸を開放したことに始まり、明治44年には学校茶道教授者の養成を目的として夏期講習会が開かれ、今日まで開催されています。
 
 第15代鵬雲斎千玄室大宗匠は、「幼稚園から大学まで」をキャッチフレーズに、茶道を通じて青少年の健全な育成に努められ、その受け皿として昭和48年に茶道教育センターを、昭和53年には淡交会各地区・支部に設置の学校茶道連絡協議会を総括指導するため淡交会総本部内に学校茶道部を設けられ、学校茶道の充実・発展に努めています。
今日では、17の地区学校茶道連絡協議会、167の支部(所)学校茶道連絡協議会が設置され茨城県内でも様々な活動がなされています。
 
【若き茶人達のつどい】
茨城では学校茶道連絡協議会と青年部が連携し、年に1度「若き茶人達のつどい」が行われています。高校生・大学生を中心にしたこの行事は各茶道部に所属する学生を招き、普段の部活動では体験できない濃茶等を学んでいただいています。

ごあいさつ

学校茶道の行事で、毎年生徒が楽しみにしている「若き茶人達のつどい」がございます。各学校から毎年50名を募集し、県立歴史館の講堂と茶室を使い行います。このつどいを通して生徒の皆様に伝統文化である茶道に触れ、興味や関心を持って頂きたいと思い続けております。
27年度は29回目、青年部の皆様と共に行っております。生徒は10名づつ5班に分かれて、班ごとに行動致します。まず寄付でお菓子を戴き、腰掛待合やつくばいを使い濃茶席を体験します。次に青年部の指導で薄茶を戴きます。水屋体験も致します。昼食を取り作り物等を致します。27年度は小物入れを作りました。
各学校から多数の応募がございますが、各学校5名と限ります。この人数制限が私達の悩むところとなります。

茨城学校茶道連絡協議会 委員長 中村 宗眞

茶道裏千家淡交会青年支部とは

各支部の中に青年部の一層の育成・会員拡大を図るために設置された委員会です

お知らせ

バックナンバーを見る